« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

昨日の釣果報告

ホタルイカに付いて浅場に入ってくる真鯛狙いでの釣行でした。昨日は凪も天気も良く、気の合う仲間だけだったのもあり、のんびり楽しく釣りが出来た。

釣果の方はと言うと、ちょっと時期が早かった…。

本命の真鯛は1匹

ソイ(最大48㎝)沢山

キジハタ2匹

ホウボウ1匹

デス…。

009

011 真鯛はスカートやネクタイの色で釣果が大きく変わり、ヒットカラーを掴むことが釣果アップのポイントデス。

僕の場合バス・雷魚など昔から魚優先のルアー(カラー)選びをしてこなかった。もちろん今もそうデス。だから僕にはあまり釣れないかも…。

釣り=遊び 楽しくなきゃ嫌!!好きなルアーで釣れなきゃ嫌!!なのでまあ良いんデスけどね。

012

今回の最大サイズ48㎝のソイ

014立派なサイズデスね。桜花70gサクラバ 仕様

この時期は薄明るくなった頃から日の出までの時間が勝負だそうデス。水深が15m位の所で70㎝オーバーが釣れるみたいなので、次回はとても楽しみデス。

次回までの課題

サクラバをもっと煮詰める

今回ビンビン玉が1番釣れていたので、それに引けを取らない釣果を出せる仕様を模索中デス。

深場での対策

日が昇ると深場に鯛が移動する様なので、ポイントが変わります。そのままサクラバをやるのも良いのデスが、大好きなスロージギングで釣りたいと思っています。タイラバに負けない釣果をジグで出せるだろうか???出せなくても良いデスが、ぜひスローで釣ってみたいデス。

次回はちょっと間が空いて3月20日の日曜日デス。

楽しみだなあ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月22日 (火)

サクラバ釣行

なかなか釣りに行けなくて全然更新出来ないデス…。

そろそろ書かないとね。

今度の日曜日はいつもの新潟能生港 彩波丸でのサクラバ(鯛ラバ)&ライトジギングに行ってきます。当れば鯛やヒラメがバンバンと…。になれば良いデスが(* ̄ー ̄*)

富山湾はホタルイカの季節になってきました。

ホタルイカは早ければ2月の初旬~5月ぐらいまで接岸します。それを狙って色々なフィッシュイーターも接岸してきます。今回はそれを狙っての釣行デス。

従って接岸していないと、まるっきり釣れない可能性もあるってことデス。メインターゲットは真鯛!!その他にシーバス・青物も釣れるようデス。

烏賊が居ないようならアマダイジギングにでもシフトしてまおうかな。

僕のサクラバタックルを紹介します。

004 マリンベイト

桜花30g・桜花70g

鯛ラバ仕様にして使っています。

スカート&ネクタイはゴールドラメが好きデス。カッコいいデスし、良く釣れますよ!!ネクタイは去年からカーリーネクタイがお気に入り!!良い感じに動きます。

今回のベイトはホタルイカ…

カラーや動きは合ってるのでしょうか???

僕はタイラバを使ったことがありません。使えばもしかしたら今よりずっと釣果がUPするかもしれません。でもこれからも使うことはまず無いでしょう(動きの勉強の為に使うことは出てくるかもしれないデスが…)

気に入った物で魚を釣りたい…。それに尽きるからデスね。どうしても釣りたい時、沢山釣りたい時は迷わずエサにシフトしますから(o^-^o)

疑似餌釣りは好きな物で好きな釣り方で   デス。

001_2

ロッド

ポイズンオーシャンTKC-67M

見た目もカッコ良く、軽くてお気に入りのロッドデス。

桜花30・70gのサクラバ仕様・120g位までのライトジギングで使用しています。太刀魚ジギングとタイラバ用デス。

リール

RYOGA2020H

折角軽いロッドなのにリールは少し重いデス。本当は炎月7などがパーミングしやすいし、軽くて良いのデスがwww

僕は丸いリールが好きなのでこれデス。

ライン

PE       サンラインPEライトジガーHG0.8号

リーダー    プレミアムマックス20LBS

思い出に残る魚と出会えますように…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

2月~の釣り予定

003 2月3月

新潟県底物・鯛・鱸ジギング&サクラバ(鯛ラバ)

007 005 4月 5月

輪島・九州ブリ・ヒラマサジギング

001_2 6月 7月 8月

某所マグロキャスティング

002 7月 8月 

金沢沖アカイカジギング

006 8月 9月 10月

新潟タラジギング

そして11月~また新潟寒ブリ釣行が始まります…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

ドテラでの烈風改の使い方

ざーさんからもらった質問 
ドテラ流しでの烈風改の使い方  僕なりの回答デス。
輪島のジギング
ポイントは、ヘクラ島・七つ島・輪島沖・嫁グリ辺りでしょうか
水深は100m前後で、完全ドテラ流し
ヒットジグはP-BOYの250gのピンク 最近はダンシングマジックや鉄ジグなどかな?
烈風改の重い方のことを書こうと思っていた時に関連して書けそうな質問が来ました。
2~3年前ずいぶん鉄やアルミにやられました。凄く良い釣果を出せ、引き重りもほとんどない。その釣果と使いやすさから今でも北陸で船に乗ると誰か使っているジグデス。
良いジグだとは思いますが、フォールスピードの遅さと他の人に迷惑が(絡みやすい)かかる時があるので使いません。
その圧倒的な釣果に負けたくないと思い色々考え出来たジグ それが烈風改デス。アルミの引き重りには到底勝てませんが、それ以外引けを取らない出来になっています。
前置きが長くなってしまいました。
ドテラでの使い方(鰤・根魚)
烈風改はホバーリング時間が長いので、高速ジャークの後の止めが鉄板デス。でもこんな当たり前な答えは要りませんね。そこで僕が今春やろうと思っている使い方を紹介します。
一昔輪島で流行ったロングロッドでP-BOYのロングジャーク・・・・。あれに似た使い方デス。ジグは230gをメインに使います。それより軽い方はあまり使わないと思います(船が流れない時は180gを使いますがwww)。タックルは全て新潟で使っているものと同じデス。流行っていた使い方のゆっくり版とでも言いますか
詳しく言うと、なるべく海面近くから頭の上までしゃくり上げ、スパッと海面までティップを戻す。これの繰り返しデス。キモは海面から頭の上までロッドを立てる所要時間が3秒位掛けることデス。スピニングならローレスポンス的にライトな2オンスロッドで180や230gを使うのも有りデス。
いつものスローな使い方も十分有りデス。
少しでも参考になれば幸いデス。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

寒ブリジギング終了

ブリのシーズンも終わり、釣りに行けず寂しい毎日が続いています。

今シーズンも運良く10キロオーバーを釣ることが出来て良かったデス。

ワラサクラスは今でも出ると思いますが、今年の寒ブリ釣行を終わりにしたいと思います。

002 今年は烈風改180・230gのおかげで楽に楽しく釣りが出来たと思います。

去年までは烈風改140gをメインに、烈風の180・230gで釣りを組み立てていました。

僕のメインに行っている新潟能生沖・有馬川沖・直江津沖のポイントは、大体7.80mと100mと120mの水深でブリを狙います。

今回烈風改の重い方を作ったのは…。

水深が100m以深を攻めやすい様にって理由だけでは無いデスよ。

3種の水深を全部140gで攻める…。タックルバランスを考えればもちろん問題無く可能デス。

深い水深や風の影響で船が流れてもより速く…。もちろん大きな理由の1つデス。それ以外にも大事な理由があって作りました。004

話が段々烈風改についてに変わってしまった…。

048 合ってるか間違ってるかは魚じゃ無いので解からないけど、(ブリは)ジグが横になっている時、フォールしている時にほぼ食ってくる。僕が今まで釣ってきたブリの殆どがそうだから、少なくとも間違って無いと思っている。

それを意識して色々なジグを使えばブリは釣れる。それほど難しい魚では無いデス。

誰でも簡単で楽にブリが釣れるように…。そういう想いで烈風改を作り出来上がりました。

烈風改のおかげで思い出に残る多くの魚と出会い満足の出来るシーズンでした。

今年のこれからの釣行予定と烈風改重さ以外の説明は夜にでも…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

気になるついでに…。

気になるついでに気になるTOOLも

ジギングを始めてかれこれ10年以上経ったと思います。やり始めた時は、魚を持ち帰ることが少なくクーラーさえ持っていませんでした。

魚は釣るのが楽しく、持ち帰って食べる喜びなど知ろうとも思っていなかったのかもしれません。

何年か経った頃から釣った魚を友達のクーラーに入れさせてもらい、少しだけビニール袋に入れて持ち帰るようになりました。もちろん生け〆や血抜きなどはしようとも思っていませんでした。

4・5年前に初めて長崎の幸漁丸に乗った時のことデス。

幸漁丸は魚を生簀に入れて生かしておき、最後に港で処理をします。

船長が血抜きと神経〆をやってくださり、皆に持って帰ってもらうという親切なことをしてもらえる船デス。

僕の魚も何匹か居たのデスが、その中に1匹死んでいる魚が混じっていました。

その魚を見て船長は、

これはもう刺身で食べても美味くない。焼いてならまだ食べれるけど・・・。

マジですか???

正直素人の僕の舌では解からん程度の違いなんやろってずっと思って処理なんかしていませんでした。

家に帰り、船長がしっかり処理した魚を食べてから気持ちが全く変わったのは言うまでもありませんね。

でもまだ自分のナイフをもっていません。大体友達と一緒なので借りるんデスけど、そろそろ自分の奴が欲しくなってきました。

友達はBUCKのナイフが良いって教えてくれました。なかなかカッコいい!!

でも僕は折りたたみより、包丁みたいに折りたためない奴が良い!!あともう少し安い奴…。1回買うと一生ものだとは思うけど、あんまり高いと…。

そこで見つけた奴

ハットリってとこのHATTORI ボーイズドリーム って奴

136

値段もそれなりに手ごろだし、折りたためないし、グリップがカッコいいデス。

欲しいなあ~。

あとこれ

畠山研究所の〆具

P7021531ss

P5311329s 〆具も専用ケースもカッコいい

何時かは欲しいなあ~。でも当分我慢デス…www

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

気になる新製品②

富山は雷が鳴り、突風が吹いています。まだしばらく冬が続くんだろうなあ~。

今日の気になる新製品

003 探見丸ミニプレイス

去年欲しかったミニを我慢し買わなくて正解でした。

僕がいつも乗っている彩波丸に付いているので欲しかったんデス。

ミニはカメラや潮見表など別にどうしても必要でない機能が満載でした。それを取っ払って1万位安くなったものデス。

地形の変化やベイト感などを見たくて欲しかったんデス。あとイナダよけに…

実売16000円位になりそうデスね。節約して買いたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

気になる新製品

富山もやっと晴れる日が多くなってきました。そろそろブリシーズンも終わりますね。

今日から3日間大阪フィッシングショーデスね。行きたいけどなかなか行けません。

今回の新製品で気になるもの…。

まずは

004

NEWオシアジガー

アメリカで去年発表されていたから来ると思っていましたが…。

2000は重量など変わらないデスが、コンパクトになったみたい。

個人的に気になるのは1500HGでしょうか…。ソルティガベイトも来ると思っていましたが、今回は無いみたいデスね。

実物を早く見てみたいデスね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »