« デコイ パイクのアシスト | トップページ | スロージャークのタックルⅡ ライン編 »

2010年10月28日 (木)

スロージャークのタックル ロッド編

スロージャークのススメで大体書いてみたけど、もっと詳しく書いてみよう!!

僕の主観で書くので、合ってるかもしれないし、違うかもしれない。まあちょっとでも参考になれば…。

スロー用に使うロッドのイメージ…。

ベイトロッドで、柔らかいロッドって感じかな?実際僕もそう思っていたね。

間違いではないと思うけど、ちょっとイメージが違うかな。もちろん、4オンスロッドでも、スロー用は普通の4オンスロッドよりは柔らかいかもしれない。そこが柔らかいロッドとして考える理由の1つだと思う。

文章にすると解かりにくいね!!っでも頑張って書くよ~。

始めた時の話

僕はスロー用の6オンスロッドでやり始めた。でも僕の不注意で破損させてしまい、直しに出している間泳がせ用のロッドで代用していた。

理由はロッドのティップの固さや、調子、長さがよく似ていたから。使ってみると、良く似ているけどやっぱり専用ロッドと違い、アクションが出しにくかった。もちろんなれると動かせる。でも専用ロッドの使いやすさには及ばない。もちろん専用ロッド以外でも良いロッドもある。その辺は後で…。

まずは写真を見てね

005 001 003

002

基本の動きを写真に撮ってみた。1番上がジャーク開始位置の写真最後がジャーク完了の写真

まずロッドは海面に対して垂直な状態からジャークを始めます。

決して腕でジャークさせるのではなく、ロッドの反発でジグをを動かします。そこがミソデス。(もちろんリールのリーリングや腕のフォローを使う時もあります。まずは基本からね(o^-^o))

最後の写真では、ロッドが真っ直ぐになってる。それが成功のしるしデス。ジャークの終わりが2枚目3枚目の写真の様になっていると、あまり良くないデス。ジグが飛んでいないデス。(何回も言うけど基本だからね(*^-^)

で、1枚目の写真の位置にロッドを下げるが1セットデス。

1セットは1秒ぐらいデス。

スローに適しているロッドと適さないロッドの違い。わかるかな???感が良い人はもうわかるかも…。

ジグをロッドの反発で飛ばせるティップ~ベリーのロッドなんデス。

僕が初めに犯した間違いは、固さや調子ではなく、張りでした。

スロー用のジグを飛ばせる適度な張りがあるロッドであれば、流用できるということデス。

専用ロッド以外でお勧めは

パームスのメタルウィッチなんかが安くて良いデスよ。

あとスロー用のジグはレスポンスが良いため、専用ロッド以外なら、表示ジグMAXの1.5倍ぐらいの物がベストのジグのウエイトになります。

参考になったかな???なれば良いけどね…。

では次回 スロージャークのタックルⅡをお楽しみに…。でもこのコーナーは不定期更新デス(^-^;ヨロシク~デス。

|

« デコイ パイクのアシスト | トップページ | スロージャークのタックルⅡ ライン編 »

スロージャークのタックル」カテゴリの記事

コメント

奥が深いね~
明日、桜花さんと一緒に悩んでみます~(^-^;

投稿: マスター | 2010年10月29日 (金) 03時34分

ふむふむ、解り易いね♪

ロッドがどうなるとか、考えてなかったから勉強になった。

既存のロッドで確かめてみんといかんね(^^)v

ありがとうm(_ _)mリールも期待してるからね(●^o^●)


投稿: 桜花 | 2010年10月29日 (金) 16時08分

>マスターさん
悩むよりやってみよ~。だよ~。面白いよ~。

投稿: 桜童 | 2010年10月29日 (金) 20時22分

>桜花さん

一応桜花さんとの通信教育~。色々書くよ~。

投稿: 桜童 | 2010年10月29日 (金) 20時23分

お願いね

投稿: 桜花 | 2010年10月29日 (金) 23時23分

これから初めたいので教えてください。6fのロッドで正三角形イメージしながら斜め下30度から斜め上30度までしゃくって、一巻き90cmのリールで不規則に2回転巻き上げると、ジグの移動は180cmの範囲を上昇しながら横にふわふわ漂うと思うんだけど、このイメージって間違いでしょうか?青物の早巻き、上げの釣りと違って、スロージギングってフォールの釣りで、シーバスなんかのイメージなんだけど、これって間違ってます?

投稿: 犬ハッピー | 2011年12月18日 (日) 17時45分

>犬ハッピーさん
こんばんは
巻き上げる長さは20㎝~100m位(基本はリール1回転まで)で動かしています。
イメージ的にジグをフワフワとかキビキビとか動かすという表現より、横に倒す(向ける)イメージです。
烈風改の使い方で言うと、フォールをメインに使うジグではありません。
言葉では伝え難いのですが、フォールの釣りと違い動きのメリハリをつけると良いと思います。
スロージギングは決してゆっくり動かすのでもないと言うのも付け加えます。

投稿: 桜童 | 2011年12月18日 (日) 22時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1415113/37435189

この記事へのトラックバック一覧です: スロージャークのタックル ロッド編:

« デコイ パイクのアシスト | トップページ | スロージャークのタックルⅡ ライン編 »