« タラジギング ② | トップページ | MIXIページの紹介 »

2010年10月 8日 (金)

☆タラ用アシストフックの作り方☆

002
桜花さん例の物ちゃんと届いてます。ありがとね~。
初めて新潟能生沖の鱈ジギングに行って、色々考え改良版を作ることにした。
タラはフォール主体のジギングに高反応する様なので、いつも使うスロージャーク用アシストを元に製作することにします。
せっかくデジイチを買ったので、作り方の写真を撮ってみた♪
今回用意したもの
007 008 005
フック  ジガーライトホールド5/0(スローの青物用は3/0)
根付け シーハンター20号(スローの青物用はザイロンノット20号)
ローリングスイベル(青物用はGPリングの♯4)
後は
タコベイト3/0・夜行玉の大きい奴・フライを巻く時のバイス・スレッド(PE0・8号で代用)ペンチ・ニッパー
009
今回は根付け糸は14cmで作ってみました。
バイスに挟んだフックのタタキの付け根からPEを巻き始める
010   
フックポイントの下辺りまで巻いたらシ-ハンターをフックのゲイブの外側にペンチで回して横にずらす。
011
ハーフヒッチを1回し本線を折り返す。
012
PEの巻き始めまで巻き戻る。最後にエンドノットで締めカットする。
013
根付糸の反対側にも同様にフックを縛り付ける。そうするとこんな感じ。
014     
ずれ止めで、 丁度真ん中をPEで巻きつける(段違いにしたい時は、お好みの所でずれ止めをしてね♪)
015
青物スロージャーク用はここでPEに瞬間を付けたら出来上がり!!
016
ここからはタラ用
タコベイトのずれ止めで夜行ビーズを入れる。
020
出来上がり♪後はお好みのタコベイトをかぶせるだけ♪♪
タコは固定しないので、簡単にチェンジ出来る!!
021
こんな感じ!!!
タコベイトを付けるのは、それでタラを誘き寄せる為より、リアフックに付けてリアのフォールを遅くする為デス。カラーは…。あんまり気にしないよ~
桜童の場合  写真栄えするカラー(爆)その程度しか気にしてないデス。

|

« タラジギング ② | トップページ | MIXIページの紹介 »

アシストフック」カテゴリの記事

コメント

タラジギングのビギナーには嬉しいアシストの作り方やねupタコベイトはフォールスピードを抑える為ってのがいいねshine次回も、出れると良いねgood

投稿: 桜花 | 2010年10月 8日 (金) 23時41分

>桜花さん

いつもいつもコメありがとね♪
誰かの参考になったらいいなあ~。

投稿: 桜童 | 2010年10月 8日 (金) 23時56分

キレイに作ってるね(*゚▽゚)ノ
この前、太刀魚用のアシストを作って、桜花さんにボロクソに言われちゃいました(ノ_-。)腕をみがかなくては!!

投稿: マスター | 2010年10月 9日 (土) 00時47分

>マスターさん

綺麗なんて…。相当不器用です。いつも桜花さんが羨ましいデス。

投稿: 桜童 | 2010年10月 9日 (土) 17時12分

いや、マジで綺麗やき♪

どんな釣り具でもそうやけど、特にジギングは自作を多用するよね。

やっぱり買い物に行った時からジギングは始まってる。

こんな風にしようかなと考えながら帰宅して

作るのが面倒だけど楽しいんだよね(^^;)

アシストが出来たらケースに入れて眺める。

釣りに行く前日の荷物とタックルの準備まで来たら

夜はなかなか眠れない程、興奮してる(●^o^●)

そして身体を酷使してジギング。

眠たい目をこすりながら無事帰宅。

釣りって壮大な人生そのものだよ。

そして釣友、家族、船長さん、釣具屋さんみんなに支えられて

楽しめるなんてそれだけでも幸せだよね。

釣れないよりは釣れた方が良い。

だけど釣れなくても勉強だし、そんな思い出のお手伝い?

喜びを共感できる仲間で居れる事を僕は誇りに思ってる。

ありがとう!


投稿: 桜花 | 2010年10月10日 (日) 18時29分

>桜花さん

深イイ話やねえ~!!
ありがとうね~。でも今日は烈風のおかげで楽しい思い出が出来たよ。これからもジギングの横にはいつもマリンベイトがある。これからも魂のこもったジグを作ってね。

投稿: 桜童 | 2010年10月10日 (日) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1415113/37144770

この記事へのトラックバック一覧です: ☆タラ用アシストフックの作り方☆:

« タラジギング ② | トップページ | MIXIページの紹介 »